お知らせ情報

レイ・ブラッドベリの訃報  2012年06月07日
レジナルド・ヒルの訃報  2012年01月15日
内藤陳さんの訃報  2012年01月01日
児玉清さんが死んだ  2011年05月18日
おっぱいとトラクター  2010年10月30日
ベルファストの12人の亡霊  2010年10月06日
英SF作家のジェイムズ・P・ホーガン氏死去  2010年07月14日
訃報:ディック・フランシスさん89歳  2010年02月15日
翻訳家の相原真理子さん死去  2010年02月03日
ロバート・B.パーカー訃報  2010年01月21日

2012年06月07日

レイ・ブラッドベリの訃報

作家レイ・ブラッドベリ3 件が今日(米国時間6/6)、ロサンゼルスで亡くなった。91歳だった。

2012年01月15日

レジナルド・ヒルの訃報

ブログkumiko 日記で知ったんだけど、
レジナルド・ヒルが亡くなったそうです。
残念です。

レジナルド・ヒル氏が死去 作家、「ダルジール警視シリーズ」
 レジナルド・ヒル氏(英推理小説作家)英BBC放送などによると、12日、英中部カンブリア州の自宅で死去、75歳。がんで闘病生活を送っていたという。

 1970年のデビュー作「社交好きの女」などダルジール警視が活躍するシリーズで知られ、「骨と沈黙」(90年)で英国推理作家協会の賞を受賞した。ほかにも「探偵稼業は運しだい」など邦訳多数。(ロンドン=共同)

2012年01月01日

内藤陳さんの訃報

福田和代氏の公式ブログで内藤陳さんの訃報を見た。
30代の初め、私はこの人に大いに感化され、
ハードボイルド小説や冒険小説にのめり込んだ。
拙ブログ「お薦め海外ミステリ」には内藤陳さんの似顔絵も出ている。
彼の小説の寸評はとても心温まるもので読んでいて楽しかった。
彼曰く、自分は「面白本のオススメ屋」だと。
新宿ゴールデン街のバー「深夜プラスワン」にも一度行こうと思っていたが、
ついに実現することはなかった。
彼が亡くなったのは、昨年12月28日享年75歳だった。

2011年05月18日

児玉清さんが死んだ

司会や俳優で渋い演技をしていた児玉清さんが昨日亡くなった。
病名は胃がんから肝臓にも転移をしていたとのこと。
ぎりぎりまで仕事をしていたから亡くなったのが衝撃的。
ちょうど緒形拳さんみたいです。
ただ、芸能活動とは別に興味を引く分野があった。
それはミステリ本に造詣が深かった。
私個人としては海外ミステリの紹介等で名前を知っていた。
翻訳物だけでなくミステリ全般だったのか、
あるいは本そのものだったのかは知らないが、
とにかく海外ミステリに関するコメントはなかなかのものがあった。
亡くなったことはとても残念です。

2010年10月30日

おっぱいとトラクター

「おっぱいとトラクター」 マリーナ・レヴィツカ 集英社文庫

原題は直訳すると「ウクライナ語版トラクター小史」というまったく意表をつくタイトルだそうです。 そうでなくとも笑いがこみ上げてきて電車の中では読みにくいのに、この邦訳の題目ではカバーなしには本を開けません。 物語は「母さんが死んで二年が過ぎた頃、父さんはウクライナ生まれのバツイチ金髪美女に入れあげた。84歳の父さんに対しテ、相手は36歳」という書き出しで始まります。 痛快なのになぜか物悲しいユーモア小説です。 もうやめようかなと何度も思いながら最後まで読んでしまいました。 2010年上質なユーモア小説に与えられるウッドハウス賞を女性で始めて受賞したそうです。 2010年8月25日集英社文庫より発行 ヨーロッパで話題騒然のイギリス発世界的ベストセラーだそうです。

2010年10月06日

ベルファストの12人の亡霊

『ベルファストの12人の亡霊 THE GHOSTS OF BELFAST』 スチュアート・ネヴィル 著、佐藤耕士 訳、RHブックス+プラス(武田ランダムハウスジャパン)、998円、10.08.10. 第1刷発行

2010年07月14日

英SF作家のジェイムズ・P・ホーガン氏死去

 ジェイムズ・P・ホーガン氏(英国のSF作家)12日(現地時間)、アイルランドの自宅で死去、69歳。ロンドン出身。東京創元社などが明らかにした。
 77年のデビュー作「星を継ぐもの」や「創世記機械」などで知られた。

2010年02月15日

訃報:ディック・フランシスさん89歳

ディック・フランシスさん89歳(英作家)英BBC放送によると、14日、カリブ海の英領ケイマン諸島の自宅で死去。

英国ウェールズ生まれ。騎手として通算350勝以上した後、57年に引退。英紙の競馬担当記者になり、62年に初の長編小説を発表。AP通信によると、計42冊の作品を残した。競馬を題材にしたミステリー小説で知られ、「再起」、「出走」、「騎乗」、「査問」、「本命」、「女王陛下の騎手」などがある。

2010年02月03日

翻訳家の相原真理子さん死去

 相原 真理子さん(あいはら・まりこ、本名眞理子=翻訳家)1月29日、心不全のため自宅で死去、62歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫の桂一郎(けいいちろう)氏。
 パトリシア・コーンウェル「検屍官」シリーズなどの翻訳を手掛けた。
p.s.
後からわかったんだけど、私と誕生日が同じでした。

2010年01月21日

ロバート・B.パーカー訃報

 私立探偵「スペンサー」シリーズで知られる米作家、ロバート・B.パーカー氏の突然の訃報(ふほう)に、延べ400万部もの作品を翻訳刊行してきた早川書房(東京都千代田区)では驚きが広がった。2月上旬に新作『訣別の海』が発表されるほか、翻訳中の作品も多数。ファンが“遺作”を手にするのはまだ先のことになりそうだ。

Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)