短篇集

アンサンブル  2012年08月13日
シャーロック・ホームズ アメリカの冒険  2012年04月26日
ストラング先生の謎解き講義  2011年02月20日
ポーに捧げる20の物語  2010年09月15日
二壜の調味料  2010年06月28日
夜の冒険  2010年04月15日
ババ・ホ・テップ  2009年12月01日
泥棒が1ダース  2009年11月05日
エドガー賞全集  2009年05月31日
殺し屋  2008年10月23日

2012年08月13日

アンサンブル

最近はパレツキーの作品を読んでもワクワクしなくなった。
面白いなと思ったのもあったけど……。★★★

アンサンブル」 サラ・パレツキー 2012 ハヤカワ文庫

新聞の尋ね人広告をきっかけにヴィクが亡き母親の真実を探る「追憶の譜面」、売れっ子の女性作家との確執が思わぬ事態を招く「売名作戦」、行方不明のカメラマン探しの裏に潜む謎を追う「フォト・フィニッシュ」など、人気のV・I・ウォーショースキー・シリーズをはじめ、ユーモア作品や異色サスペンスまで、著者の多彩な才能がいかんなく発揮された全10篇を収録。本邦初訳作品もまじえて贈る待望の日本オリジナル短篇集。

2012年04月26日

シャーロック・ホームズ アメリカの冒険

Amazonホームズものでそこそこ面白いです。
読む本がなくなったら読んでください。★★★

「シャーロック・ホームズ アメリカの冒険」 ローレン・D.エスルマン 2012編 原書房

「あの事件」の後日譚から新大陸ならではの事件の数々。
人気パスティーシュ集、実力作家たちの饗宴。

ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ……。19世紀アメリカを舞台に、シャーロック・ホームズがワトソン博士とともに大活躍! 意外な人物との出会いや符合も楽しい著名作家競演のアンソロジー!

2011年02月20日

ストラング先生の謎解き講義

Amazonひねりすぎず単純明快! これは思わぬ拾いものでした。
読んでいて楽しい短編ミステリ集 ★★★

「ストラング先生の謎解き講義」 ウィリアム・ブリテン 1983 論創社

オルダーショット高校の老教師にして、素人探偵のストラング先生。生徒にかかった疑いを晴らしたり、卒業生の刑事に協力したり、退屈しのぎに謎を解いたり、はたまた自分が逮捕されてしまったり…。『ジョン・ディクスン・カーを読んだ男』のブリテンが贈る、エラリー・クイーン顔負けの緻密な推理が展開される“名探偵ストラング先生”シリーズ傑作集、全14編。

2010年09月15日

ポーに捧げる20の物語

Amazonそこそこ読める作品が揃っています。
特に私のお気に入り作品はないけど読む価値はあり★★★

「ポーに捧げる20の物語」 スチユアート・M.カミンスキー編 2009 ポケミス

長いあいだ疎遠だった父を病院に見舞った私は、父が求めるままにエドガー・アラン・ポーの詩を朗読してきかせる。そのうちに、父と私が訣別するきっかけになった、過去のある事件の意外な真相が明らかになってゆく――
父と子の和解を哀切な筆致で描いたトマス・H・クック「ネヴァーモア」をはじめ、メアリ・ヒギンズ・クラーク、S・J・ローザン、ドン・ウィンズロウなど、アメリカを代表するミステリ作家たちが書き下ろした、ポー生誕200周年記念アンソロジー。ホラーやユーモア・ミステリなどヴァラエティ豊かな20篇を収録。

2010年06月28日

二壜の調味料

Amaozn二壜のソースというタイトルで読んだことがあった。
リンリーが活躍する短編はいいが残りは少し疲れた。★★★

「二壜の調味料」 ロード・ダンセイニ 1952 ハヤカワポケミス

調味料のセールスをしているスメザーズが、ふとしたことから同居することになった青年リンリーは、ずばぬけて明晰な頭脳の持ち主だった。彼は警察の依頼で難事件の調査をはじめ、スメザーズは助手役を務めることになる。数々の怪事件の真相を、リンリーは優れた思考能力で解き明かしていくのだった――江戸川乱歩が「奇妙な味」の代表作として絶賛したきわめて異様な余韻を残す表題作など、探偵リンリーが活躍するシリーズ短篇9篇を含む全26篇を収録。〈クイーンの定員109〉に選ばれた、ブラックユーモアとツイストにあふれるミステリ短篇集が待望の邦訳!

2010年04月15日

夜の冒険

そこそこ面白い作品もあるが、
結末に好きじゃないのがある。★★

「夜の冒険」 エドワード・D.ホック 2001 ハヤカワ文庫

神父は、その谷にただ一人で住んでいた。若者たちを皮切りに、古くからの住人たちは次々と谷を出ていき、村はすっかり寂れてしまった。今や住民と呼べるのは彼だけなのだ。それでも神父は、毎朝鐘を鳴らし、教会を守っている。そこへ……過疎の村で起こった奇妙な事件を描く「静かに鐘の鳴る谷」をはじめ、極北の荒野で、夜中の港町で、異郷の小さな町で、次々起こる20の事件。名手中の名手が贈るサスペンスフルな傑作集。

2009年12月01日

ババ・ホ・テップ

Amazon一緒に読んだのがソウル・コレクター。
そんなわけでこちらがおろそかになってしまった。★★

「ババ・ホ・テップ」 ジョー・R.ランズデール 2009 ハヤカワ文庫

エルヴィスは、生きていた。30年前に心臓発作で死んだのは替え玉で、本人はここ、テキサス州の老人ホームで、老いた体をベッドに横たえているのだ。怠惰で目的のない日々がひたすら続く、そんなおり、彼はホームの中を超自然的生物が徘徊していることに気がつく。燃えるロックンロール魂がよみがえった! キング対怪物の対決や、いかに? 奇想天外にして感動の表題作をはじめ、テキサスの大巨匠が叩き出す渾身の12篇。

2009年11月05日

泥棒が1ダース

Amazonこのシリーズは好みに合わないのかもしれない。
一つ一つは面白いのだが、すらすら読めないのだ。★★

「泥棒が1ダース」 ドナルド・E.ウェストレイク 2004 ハヤカワ文庫

天才的犯罪プランナーにして職業的窃盗の第一人者ジョン・ドートマンダー。彼こそ、難攻不落のターゲットを狙い、だれも考えつかないような奇想天外の作戦計画を樹立する不世出の大泥棒……のはずなのだ。だが、どういうわけかその計画が予定通りに運ぶことはまずない。うまく運んでいると思っても、必ずや不幸の連鎖が襲いかかってくるのだ。泥棒稼業はつらいよ。世界一不幸な男、哀愁の中年泥棒ドートマンダー奮闘記。

2009年05月31日

エドガー賞全集

Amazonいろんな人の短編集って苦手なんです。
個人の短編集のほうが好きです、そんなわけで★★★でアップなし。

「エドガー賞全集」 ローレンス・ブロック他 ハヤカワ文庫

ミステリ作家であれば誰もが受賞を切望する、それが世界最高権威のミステリ賞、アメリカ探偵作家クラブ賞(通称エドガー賞)である。本書はその中でも毎年最も優れた短篇に対して贈られる最優秀短篇賞の、1990年から2007年までの受賞作を年代順に収録した日本オリジナルのアンソロジー。ローレンス・ブロック、ドナルド・E.ウェストレイク、ピーター・ロビンスン、S.J.ローザンら、世界基準の短篇をご体感あれ。

2008年10月23日

殺し屋

Amazonよく出来てる上質な短編集、素直に読めます。★★★

「殺し屋」 ローレンス・ブロック 1998 二見文庫

ケラーの今回の標的はテキサスの大富豪だった。ケラーは下見のため、当の富豪が主催するガーデン・パーティにもぐりこむ。だが、富豪の孫がプールで溺れかけているのを目撃し、やむにやまれず助けたことから、事態は思わぬ方向へ……。MWA賞受賞作の上記「ケラーの責任」をはじめ、同じくMWA賞に輝く「ケラーの治療法」など、孤独な殺し屋ケラーの冒険の数々を絶妙の筆致で描く連作短編集。

Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)