ミステリ

黒き水のうねり  2011年05月10日
五番目のコード  2011年05月07日
ロスト・シンボル  2011年05月04日
ゴミと罰  2011年03月21日
矜持  2011年02月11日
騙す骨  2011年02月07日
レクイエムの夜  2010年11月15日
愛書家の死  2010年10月10日
ラスト・チャイルド  2010年07月03日
数独パズル殺人事件  2010年04月29日

2011年05月10日

黒き水のうねり

Amazonまあまあでしたが、なんかね、暗いんだな。
ダーク・レディと同時に読んだからなおさらかな。★★

「黒き水のうねり」 アッティカ・ロック 2009 ハヤカワ文庫

妻の誕生日祝いに用意したナイトクルーズは、女性の悲鳴と銃声で悪夢に転じた。暗い川面から若い女性を救いあげたジェイは、それ以上の関わりを怖れ、彼女を警察署の前に放置して立ち去ってしまう。かつては公民権活動家で、当局の弾圧をも経験した彼にとって公権力とは恐怖そのものでしかなかったのだ。だが射殺死体が発見され、ジェイは否応なく事件の渦中へ……アメリカ社会の影を新人らしからぬ筆力で描くデビュー作

2011年05月07日

五番目のコード

一気読みしました。謎解きかサスペンスか? ロマンスも!
古い本ですが、十分に今の時代に耐えています。★★★


「五番目のコード」 D.M.ディヴァイン 1967 創元推理文庫

スコットランドの地方都市で、帰宅途中の女性教師が何者かに襲われ、殺されかけた。この件を発端に、街では連続して殺人が起こる。現場に残された棺のカードの意味とは? 新聞記者ビールドは、警察から事件への関与を疑われながらも犯人を追う。街を震撼させる謎の絞殺魔の正体と恐るべき真意とは──読者を驚きの真相へと導く、英国本格の巧者ディヴァインの屈指の傑作が甦る。

2011年05月04日

ロスト・シンボル

Amazon Amazonダ・ヴィンチ・コードに続く作品だが少し食傷気味。
何度読み返しても面白い。ミステリというより冒険小説か。

「ロスト・シンボル」 ダン・ブラウン 2009 角川書店

キリストの聖杯をめぐる事件から数年が経ち、ハーヴァード大で教鞭を執る静かな生活を送っていたラングドンに、旧友から連絡が入る。フリーメイソン最高位の資格を持つスミソニアン協会会長ピーター・ソロモンからで、急遽講演の代役を頼みたいという。会場である連邦議会議事堂に駆けつけるが、そこにピーターの姿はなく、切断された右手首が……薬指には見覚えのある金の指輪。フリーメイソンの紋章をあしらったその指輪は、ピーターのものに間違いない。

ピーターを人質に取ったというマラーク(悪霊)と名乗る謎の男は、ラングドンに“古の門”を探せと命じる。ピーターの右手の指先に施された独特の刺青が“古の門” の先にある“古の神秘”を指し示す図像であることにラングドンは気付く。誘拐犯マラークの目的は、この恐るべき力を持つとされる“古の秘密”を手に入れることにあるのは明らかだった。ラングドンは駆けつけたCIA警備局長サトウと共に、まずは、“古の門”の捜索に乗り出すのだが……。

古来より富と権力を手中にしてきた秘密結社フリーメイソン。その重要人物であるソロモン家に代々伝えられてきたという大いなる力を持つ“古の神秘”とは、一体何なのか?

2011年03月21日

ゴミと罰

Amazonドタバタのコージーミステリにしては本格?
ほかの作品をアップしているから今回は見送り ★★★

「ゴミと罰」 ジル・チャーチル 1989 創元推理文庫

ジェーンの朝は、3人の子供たちを起こして回ることから始まる。平凡な1日? でも今日はいつもと様子が違う。お隣で、掃除婦さんが掃除機のコードで絞殺されてしまったのだ。疑われたのは近所の主婦一同。わが家を守るため、ジェーンは探偵役を買って出たが……。アガサ賞最優秀処女長編賞に輝く期待の本格ミステリ登場!

2011年02月11日

矜持

Amazonラスト・フランシスの作品という思い入れもあるが――。
前半と後半の筋立てが気にかかったが、最後だし★★★でアップ。

「矜持」 ディック・フランシス 2010 早川書房

英国陸軍大尉トマス・フォーサイスは、アフガニスタンで爆弾によって右足を吹き飛ばされ、6カ月の帰宅休暇を命じられた。
偉大な調教師で厩舎を経営する母ジョセフィンとは折り合いが悪かったが、ほかに行くあてもなく、彼は母と義父が暮らす家に帰る。
だが、厩務長から意外な話を聞かされた。
このところ厩舎の馬が勝てるはずのレースで不審な負け方をすることが続いているというのだ。
さらに母と義父の口論を聞き、家計が逼迫していることを知る。
彼は母の仕事部屋を調べて、母の個人口座から毎週2000ポンドもの金が引き出されていることを突き止め、脅迫状を発見する。
母と義父に事情を聞くと、会計士に勧められた節税方法を採用したが、脱税をしていると何者かに脅され、金の支払いと馬をレースで負けさせることを強要されるようになったという。
会計士の勧めでヘッジファンドに投資し、大金を失ってもいた。
トマスは脅迫者を暴き、母の金を取り戻そうとするが、手がかりとなる会計士は死んでいた。
卑劣な手段でトマスの命を奪おうとする敵と、彼は自己の名誉を賭けた闘いを繰り広げる。
競馬シリーズで世界中の読者に興奮と感動を与え続け、惜しくも死去したディック・フランシスの最後の作品。

2011年02月07日

騙す骨

Amazonメキシコ人の名前がなじんだころに物語りは終わった。
面白かったが特にお薦めというほどじゃない。★★★

「騙す骨」 アーロン・エルキンズ 2009 ハヤカワ文庫

妻ジュリーの親族に招かれメキシコの田舎を訪れたギデオン夫婦。だが平和なはずのその村で、不審な死体が二体も見つかっていた。銃創があるのに弾の出口も弾自体も見当たらないミイラ化死体と、小さな村なのに身元が全く不明の少女の白骨死体だ。村の警察署長の依頼で鑑定を試みたギデオンは次々と思わぬ事実を明らかにするが、それを喜ばぬ何者かが彼の命を狙い…… 一片の骨から迷宮入り寸前の謎を解くスケルトン探偵。

2010年11月15日

レクイエムの夜

Amazon何の気なしに図書館で借りた一冊だが、読み始めたらナチの話だ。
ただ、なんの必然性もないような気がする。★★

「レクイエムの夜」 レベッカ・キャントレル 2009 ハヤカワ文庫

心臓を刺されて死んだ若い男。警察署の<身元不明死体の廊下>に張り出されていた写真の一枚に、わたしは弟を見つけた。美貌の女装歌手として愛されていた弟はなぜ殺されたのか? 絶対に殺人犯を突き止める。そう決意してひそかに調べはじめたものの、わたしの息子だと主張する謎の幼い少年が現われたことにより、社会の裏にうごめく様々な思惑と対峙することに――。ナチス政権前夜のベルリンに展開する慟哭のミステリ。

2010年10月10日

愛書家の死

Amazonそれなりに面白いがデビュー作が懐かしくなる。
あのレベルの本を読んでみたくなった。★★★

「愛書家の死」 ジョン・ダニング 2006 ハヤカワ文庫

ある馬主が死に、その右腕だった男に呼ばれた古書店主クリフ。馬主の20年前に死んだ妻が生涯をかけて集めた蔵書を鑑定し、彼女の死後何者かに盗まれた蔵書の一部の行方も突き止めてほしいと言う。だが、盗まれた本が市場に出回った形跡はなく…深まる謎を解こうとするクリフは競馬界と古書界を行き来しながら、本を愛した一人の女性の人生へと踏み込んでいく。古書薀蓄に加えて競馬への愛も詰まった人気シリーズの異色作。

2010年07月03日

ラスト・チャイルド

Amazon前作には届かないがこれも傑作、読んで損はない。
最後に明かされるラスト・チャイルドの意味。★★★★

「ラスト・チャイルド」 ジョン・ハート 2009 早川ポケミス

十三歳の少年ジョニーは、犯罪歴のある近隣の住人たちを日々監視していた。彼は、一年前に誘拐された双子の妹アリッサの行方を探しているのだ。美しい少女だった妹は何者かに連れ去られたが、警察はいまだ何の手がかりも発見できずにいた。ジョニーの父親も、娘が誘拐されてまもなく謎の失踪を遂げていた。母親は薬物に溺れるようになり、少年の家族は完全に崩壊していた。ジョニーは学校を頻繁にさぼり、昼夜を問わない危険な調査にのめり込んだ。ただひたすら、妹の無事と家族の再生を願って――英国推理作家協会賞最優秀スリラー賞受賞作。

2010年04月29日

数独パズル殺人事件

Amazon数独をどうやってミステリに結びつけるのか?
期待ほどではなかったが初ということで★★★あげてもいいだろう。

「数独パズル殺人事件」 シェリー・フレイドント 2007 ヴィレッジブックス

ニューハンプシャーのある小さな田舎町には、変わった建物がある。その名も「パズル博物館」。世界中の貴重なパズルを集めた博物館だ。そこの館長を務めるアヴォンデール教授はもちろんパズルおたく。人の話の途中でも数独を始めてしまようようなパズル中毒である。ワシントンで政府のシンクタンクの研究者としてつとめる若き数学者ケイト・マクドナルドは幼くして母を亡くしたが、やりきれないさびしさを埋めてくれたのが、教授とパズルだった。ケイトは教授から「脅迫を受けている」という知らせを受けて、急遽帰郷する。しかし、教授との再会もつかの間、彼女は教授の死体を発見するはめに……。そして教授の手には、ダイイングメッセージとして血まみれの数独が残されていた! ケイトは教授の仇をとろうと、勝手に捜査を始めるのだが……。数独は犯人を教えてくれるのか? 世界初、数独を使ったコージー・ミステリー

Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)