★★★未満

女検死官ジェシカ・コラン 死を呼ぶ聖句  2010年06月01日
シャーロック・ホームズの愛弟子/疑惑のマハーラージャ  2010年05月25日
夜の冒険  2010年04月15日
湖の記憶  2010年03月23日
バッド・モンキーズ  2010年01月26日
ババ・ホ・テップ  2009年12月01日
泥棒が1ダース  2009年11月05日
ロリ・マドンナ戦争  2009年10月26日
余波  2009年10月23日
シルフ警視と宇宙の謎  2009年09月13日

2010年06月01日

女検死官ジェシカ・コラン 死を呼ぶ聖句

Amazon Amazon読後感のすっきりしない作品ですね。気持ちが良くない。
主人公はいい出来なんですがね。★★

「女検死官ジェシカ・コラン 死を呼ぶ聖句」ロバート・ウォーカー 2002 扶桑社ミステリー

ワシントンDCの控訴裁判所判事モーリーンの意識が戻ったとき、彼女は自分が世にも恐ろしい状況に置かれていることを知った。全裸にされ、異臭を放つ死体と向かい合わせの格好で縛りつけられているのだ。死体はかつてモーリーンが有罪判決を下し、連続強姦殺人の犯人として電気椅子で処刑されたジミーという男。その父アイゼアが、息子の望みどおり彼女を拉致し、死体とともに生きながら腐れ死にさせようという魂胆だった。法曹界のトップ失踪に FBIが出動、ジェシカも名指しで駆り出される。
誘拐されたモーリーン判事の遺留品に接触したFBI心霊捜査官キムに、異変が現れる。原因不明の病により、体の一部が崩壊し始めた――離れた場所で判事の体の組織が徐々にジミーの死体から腐食を受けるに従って……。少ない手がかりに捜査が難航するなか、犯人から新聞社に手紙が送られてくるが、そこに窺える犯行の動機には、聖書のある異端的な解釈がからんでいるようだった。判事を救出しなければキムの命も危うい。前代未聞の復讐手段をめぐって緊迫のうちに展開する、シリーズ第九弾。

2010年05月25日

シャーロック・ホームズの愛弟子/疑惑のマハーラージャ

Amazon冒険小説と言ってもいいのでは?!
ドイルのホームズものは冒険譚だから違和感はないかも。★★

「シャーロック・ホームズの愛弟子/疑惑のマハーラージャ」 ローリー・キング 2004 集英社文庫

行方不明の元スパイは、何らかの事件に巻き込まれたのか、あるいは祖国を裏切っているのか? この男の捜索を依頼されて、メアリと夫ホームズは1924年正月早々、大英帝国インド総督監視下でマハーラージャが治めるインドまで船旅に出て、船上で左翼の米国青年とその母、妹と出会う。そして奇術師に扮して、インドの村々で謎のマハーラージャの身辺を探りつつ高地の宮殿に近づいていく……。

2010年04月15日

夜の冒険

そこそこ面白い作品もあるが、
結末に好きじゃないのがある。★★

「夜の冒険」 エドワード・D.ホック 2001 ハヤカワ文庫

神父は、その谷にただ一人で住んでいた。若者たちを皮切りに、古くからの住人たちは次々と谷を出ていき、村はすっかり寂れてしまった。今や住民と呼べるのは彼だけなのだ。それでも神父は、毎朝鐘を鳴らし、教会を守っている。そこへ……過疎の村で起こった奇妙な事件を描く「静かに鐘の鳴る谷」をはじめ、極北の荒野で、夜中の港町で、異郷の小さな町で、次々起こる20の事件。名手中の名手が贈るサスペンスフルな傑作集。

2010年03月23日

湖の記憶

Amazonなんか読みにくい本でしたね。
読み終わったあと筋書きは分かったけどいまいちでした。★★

「湖の記憶」 クリスティーナ・シュワルツ 2000 講談社文庫

1919年冬。ウィスコンシンの凍結した湖で、母は水死体となって発見された。3歳だったルースは、伯母に育てられながらも母の死に疑問を持ち続ける。伯母は何か秘密をもっている。ルース自身も母と一緒に溺れた不可解な記憶があるのだが!? 全米で話題を呼んだ生きることと家族の意味を問うミステリー。

2010年01月26日

バッド・モンキーズ

Amazonかなり評判が良かったから放棄せずに頑張って読んだけど、
自分には良さが分からなかった。★★

「バッド・モンキーズ」 マット・ラフ 2007 文藝春秋

“あたしは悪を殲滅する組織の一員なのさ”殺人で逮捕された女ジェインは、精神科医にそう告げた。鮮やかなオレンジ色の銃で悪を葬る――それが自分の任務だと。標的=幼児連続殺人犯、連続男娼殺し、爆弾魔……ジェインの口から語られる悪との壮絶な対決。だが、彼女の告白は「真実」なのか? すべてを監視する「眼」、雑誌に隠された暗号、斧を持つピエロ……都市伝説の不安にアメリカン・コミックのクールネスを搭載、奇術師の周到さで仕立てた、超鋭利な一気読みハイパーアクション! 最終章のめくるめく反転に瞠目せよ。

2009年12月01日

ババ・ホ・テップ

Amazon一緒に読んだのがソウル・コレクター。
そんなわけでこちらがおろそかになってしまった。★★

「ババ・ホ・テップ」 ジョー・R.ランズデール 2009 ハヤカワ文庫

エルヴィスは、生きていた。30年前に心臓発作で死んだのは替え玉で、本人はここ、テキサス州の老人ホームで、老いた体をベッドに横たえているのだ。怠惰で目的のない日々がひたすら続く、そんなおり、彼はホームの中を超自然的生物が徘徊していることに気がつく。燃えるロックンロール魂がよみがえった! キング対怪物の対決や、いかに? 奇想天外にして感動の表題作をはじめ、テキサスの大巨匠が叩き出す渾身の12篇。

2009年11月05日

泥棒が1ダース

Amazonこのシリーズは好みに合わないのかもしれない。
一つ一つは面白いのだが、すらすら読めないのだ。★★

「泥棒が1ダース」 ドナルド・E.ウェストレイク 2004 ハヤカワ文庫

天才的犯罪プランナーにして職業的窃盗の第一人者ジョン・ドートマンダー。彼こそ、難攻不落のターゲットを狙い、だれも考えつかないような奇想天外の作戦計画を樹立する不世出の大泥棒……のはずなのだ。だが、どういうわけかその計画が予定通りに運ぶことはまずない。うまく運んでいると思っても、必ずや不幸の連鎖が襲いかかってくるのだ。泥棒稼業はつらいよ。世界一不幸な男、哀愁の中年泥棒ドートマンダー奮闘記。

2009年10月26日

ロリ・マドンナ戦争

Amazonキンジーを書いた人として期待したらいけない。というより、
よく後にキンジーが誕生したかとびっくり。★★

「ロリ・マドンナ戦争」 スー・グラフトン 1969 扶桑社ミステリー

人里離れた田舎道で、若い女性ルーニーは「ロリ・マドンナ」と呼びかけられ、男たちに拉致されてしまう。この地には対立する2つの家族があり、一方が相手をだまそうとでっちあげたのが「ロリ・マドンナ」だった。ルーニーは、実在しない女性として監禁されてしまったのだ! この事件をきっかけに、両家の対立はエスカレート。ついには、止めようのない全面戦争へとなだれこんでいく……。女性探偵キンジー・ミルホーンの生みの親スー・グラフトンが描く、サスペンス・ノワール。

2009年10月23日

余波

Amazon Amazon面白くなかったとはいわないが。
こんなにしてまで本を書かなきゃいけないのかと。★★

「余波」 ピーター・ロビンスン 2001 講談社文庫

金髪の美少女が5人、相次いで失踪した。誰にも姿を見られることなく犠牲者を連れ去る犯人は「カメレオン」と呼ばれ、州をまたぐ合同捜査本部が立ち上げられる。そんな折、家庭内暴力発生の通報を受けて警察官が急行した家の地下室で、全裸の少女がベッドの上で縛られた状態で死んでいるのが発見された。
犯人の妻は、夫から虐待を受けていた。何も映さない、その黒い瞳が見たものは何か。事件を追ううちに、十年前に北イングランドの田舎町で起きた、おぞましい集団虐待事件が浮かび上がる。今ふたたび過去の封印は解かれ、ふたつの事件の間には恐ろしいつながりが――。胸に迫る英国叙情派ミステリーの傑作。

2009年09月13日

シルフ警視と宇宙の謎

Amazon図書館で借りたから読んだけど、どこがおもしろいのか?
放棄することなく読み終えたから★★はあげてもいいか。

「シルフ警視と宇宙の謎」 ユーリ・ツェー 2007 早川書房

物理学者ゼバスティアンは、提唱する「多世界解釈」理論をめぐって論争の渦中にあった。彼を鋭く批判していたのは、学生時代からの親友で天才物理学者のオスカー。親友との摩擦は、ゼバスティアンの望むところではないのだが……。ある時、テレビの科学番組でオスカーと激しく議論を戦わせた翌日、ゼバスティアンの息子リアムが誘拐される。犯人と思しき人物からの要求は、医療スキャンダルの秘密を握ると噂される妻の同僚を殺害することだった。息子を救うためゼバスティアンは要求に従うことを決意する。だがなぜ、ゼバスティアンが選ばれたのか? 天才警視シルフの捜査は、事件の悲劇的な真相を明らかにしていく。ドイツ文学界の新星が放つ哲学的ミステリ。

Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)