2012年05月17日

ピグマリオンの冷笑

Amazon読み終わった後もすっきりしない本だった。
そこそこしっかりしているのでアップはしないけど★★★。

「ピグマリオンの冷笑」 ステファニー・ピントフ 2010 ハヤカワ文庫

1906年ニューヨーク。
ブロードウェイの劇場で美しいコーラスガールが殺された。死体はきらびやかに飾り立てられていた。
猟奇的な連続殺人事件が起きているのだと気づいた刑事ジールは、以前ともに捜査を行なった風変わりな犯罪学者シンクレアに再び協力を求める。華やかな演劇界で若い女優たちを狙う、残虐非道な犯人ピグマリオンの正体とは?
犯罪学黎明期の刑事&犯罪学者コンビの活躍を描く歴史ミステリ・シリーズ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)