2008年07月16日

処刑人の秘めごと

Amazonダイヤモンド・シリーズはこれからも続くことが確実!
そんな展開が待っています。★★★★

「処刑人の秘めごと」 ピーター・ラヴゼイ 2007 早川書房

公園のブランコから女性の死体がぶらさがっているとの報を受け、ダイヤモンド警視は現場に急行した。自殺かと思われたが、まもなく女性が絞殺されたうえで吊るされたことが判明する。元夫、現在の恋人、レストランのヘッド・ウェイター、ビジネスマン、次々と容疑者が浮上するが、ダイヤモンド自身は捜査に集中できない状況に陥っていた。彼のもとに不可解な恋文や贈物が執拗に届いていたのだ。ダイヤモンドは今も亡き妻を愛しているというのに、誰がこんないたずらを? そんななか、失踪していた元夫が首吊り状況で死体となって発見される。それは類例を見ない首吊り処刑の連鎖だった……。男と女の愛と業を謎に絡め、英国ミステリ界の巨匠ラヴゼイが放つ意欲作。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『処刑人の秘めごと』  [ 本だけ読んで暮らせたら ]   2008年07月16日 23:36
THE SECRET HANGMAN (2007) 『処刑人の秘めごと』  ピーター・ラヴゼイ/著、 山本やよい/訳、 ハヤカワ・ノヴェルズ(2008) ミステリ小説の2大強国といえば恐らくアメリカとイギリスだろう。 この小説はイギリス産。 かつての黄金期と呼ば...

コメント一覧

1. Posted by nanika   2008年07月16日 23:38
このシリーズは、安定したレベルの高さを維持していますね。
ブリティッシュ・ミステリの代表作!
2. Posted by しぇんしぇい   2008年07月17日 11:35
ラヴゼイはダイヤモンドシリーズになって好きになりました。
今度の作品も★★★★★にしても良かったのですが、なんせ犯人が――、なので★をひとつ減しましたorz
いいお付き合いになってほしいですね (^_^.)
3. Posted by indi-book   2008年08月03日 01:14
読みました。
はい、マジで、高いレベルを維持しています。
ストーリーテリングは上手すぎです。
4. Posted by しぇんしぇい   2008年08月03日 12:04
シリーズものがどんどん消えていく中でダイヤモンドシリーズは続いてほしいですね。
図書館が必ずそろえてくれるのでありがたいです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
読み上げた本です
以前のブログ
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
『リンカーン弁護士』 (本だけ読んで暮らせたら)
リンカーン弁護士
『深海のYrr 』 (本だけ読んで暮らせたら)
深海のYrr
『ブルー・ヘブン』 (本だけ読んで暮らせたら)
ブルー・ヘヴン
『処刑人の秘めごと』 (本だけ読んで暮らせたら)
処刑人の秘めごと
『石のささやき』 (本だけ読んで暮らせたら)
石のささやき
Googleblog内検索

西野流呼吸法
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)